保険ショップ・FP保険相談で保険見直しや保険相談をする前に知っておいた方がいいこと

これから保険ショップで保険の見直しや保険相談をしてみようという人も多いと思いますが、何も知らないで行くとショップの店員やFPに都合のいい提案をされてしまいます。

まずは、主導権は自分で持った上で無料相談に臨んで下さい。

保険ショップは、店舗のブランドで善し悪しが決まるのではなく、実際は相談に乗ってくれる店舗相談員のスキルと、その後のアフターサービスによることが大きいです。

故に、保険見直し相談は最低でも2店舗で相談をして保険プランの提案をしてもらったほうがいいと思います。

必ず聞かれることに毎月支払うことのできる保険料の上限がありますが、保険料の予算は、できるだけ、少なめに伝えた方がいいことは言うまでもありません。。

保険ショップの店員のノルマ設定はその大半が、年間の保険料総額が設定されていますので、もし、保険料の予算の上限を伝えてしまうと、予算いっぱいでの必要のない保障まで入った、目一杯のプランを提案される可能性が高くなります。

まずは保険料の予算は少なめに伝えておいて、実際に必要だと判断したら、提案された保障を増額したり特約を追加していくと納得のいくプラン設計ができると思います。

また同様に、年収や貯蓄額ももちろん少なめに伝えましょう。

会社名から年収を判断されて必要以上のプランを提案されることが懸念されるため、勤務先が大手企業の場合は、契約前には会社名は言わない方がいいでしょう。

もし納得して、契約することになったときは、必要な項目となりますので、その時に本当のことを書けば事足ります。

保険ショップで数多くの中から比較して保険を選べるからと言って保険ショップの店舗相談員やFPを信じ切ってしまうと必要以上の保障を契約することになりますので最低限の知識を持ってまずいったんは家まで保険プランは持って帰り、十分に検討したうえで契約していただければと思います。