2017年4月7日以降、保険相談で商品券やTポイントや楽天ポイントなどの換金性の高いインセンティブは禁止となりました

2017年4月7日以降、商品券をはじめとしたインセンティブに対して、関連省庁及び関連団体から制限が入りました。

今後は商品券やTポイント、楽天ポイントなどの換金性の高い商品のプレゼントキャンペーンは原則禁止となります。

これは2016年5月29日改正保険業法が施行されたことによる規制となります。

改正保険業法が施行後、ほぼ1年間は関連省庁による直接的な規制はありませんでした。

一部のリーズ会社と言われる保険の見込み客をFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップなどの保険代理店などに紹介する会社で大手と言われている会社や親会社が上場企業などの会社ではコンプライアンス上、自主規制として、商品券やポイントの付与額を減額したり、商品券などの謝礼を一切なくす等の処置をしてきました。

一方、まったく自主規制をしないリーズ会社があったりとリーズ会社間の改正保険業法の捉え方が違っていたため、今回しっかりとした指導が関連省庁と関連団体から入ったということです。

そもそも、今回の規制は以前の保険業法には記載のなかった募集関連行為規制(紹介者規制)が大きいことは明らかでしょう。

これは新規契約者や既存契約者からの乗り換えなどの見込客発掘から保険契約成立までに至る広義の意味での保険募集のプロセスで、直接保険募集行為に該当しないことが、保険の募集関連行為と新たに定義されたことであるということです。

つまり、今までは保険代理店が商品券などのプレゼントをすることは保険業法上禁止でしたが、そのあいだに、保険代理店以外の別会社がはいることによって、いかなる方法で保険リーズと言われる見込み客を集めても、これはグレーゾーンとして成り立っていたのですが、今後は募集関連行為規制(紹介者規制)として明確に禁止するということです。

今後は実際には保険商品の推奨や保険についての説明は行わずに、保険契約見込客の情報を保険ショップなどの保険代理店やFP(ファイナンシャルプランナー)などの保険募集人に提供する行為などが具体的事例として該当するということが明確に示されたということになります。

したがって、今後商品券など換金性の高い商品をインセンティブとして、無料の保険相談や保険見直しをすることが出来なくなりましたので、ご注意ください。

現状、いろいろなリーズ会社のリーズ募集をチェックしてみると、基本は商品券のプレゼントは禁止となり、今後は換金性の低い、商品のプレゼントなどのキャンペーンが主体となっていくような感じです。

そもそも、保険の見直しや保険の相談をするのに商品券を目当てにすること自体が保険契約者にとってプラスとは言えなかったので、しっかりとしたFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップの担当者を見つけることがその後の保険料削減や、満足できる保険プランの提案に結び付くと考えて欲しいと思います。

そして、そのことの方が結果的に数千円の商品券よりもはるかに大きい金額の違いとなってくることを忘れないでいただければと思います。

元国内大手生保総合職の私が安心しておススメできるのは今のところ保険のビュッフェ保険マンモスの2社です。

保険のビュッフェと保険マンモスのFPは特定の保険会社に所属しないフリーのファイナンシャル・プランナーですので、ノルマがなく強引な勧誘がありません。

両社ともコンプライアンス順守の一流企業で評判も申し分ないです。

現在、門脇麦さんが出演するテレビCM放映中!
保険のビュッフェ

ファイナンシャルプランナー紹介最大手
保険マンモス

保険相談は無料ですので、いくつかのお勧めの会社のFP(ファイナンシャルプランナー)の提案を比べて自分にとって最適と思う方の提案で納得して契約するのが一番いいと思います。

ファイナンシャルプランナーの無料保険相談・保険見直しをおすすめする理由はなぜか

元保険会社総合職の管理人1番のおすすめは 保険のビュッフェ

保険の相談はかつては主流であった俗にいう「保険のおばさん」と言われている保険会社の営業職員から最近では来店型保険ショップと言われている店舗型の保険代理店で相談するものへとシフトしつつあります。

元大手保険会社総合職の管理人からするとこの流れはいたって当然のことと思料します。

そもそも保険とは、かつては「保険のおばちゃん」の方々との付き合いで、契約するという感じだったものでした。

しかし、インターネットが発達した現代社会では、いろいろな情報が開示されていて、誰でも、すべての保険の情報に簡単にアクセスできます。

したがって、ちょっと興味があれば、自分で保険を比較したり、選んだりと誰でも簡単に出来るので消費者の選択肢の幅が拡がったとも言えます。

当然、一社の保険会社の専属の「保険のおばちゃん」の提案する保険がベストであることはほとんどありません。

確かに、各保険会社ではいくつかの得意な保険があります。

逆に、それは裏を返せば、不得意な保険もあるということです。

それはつまり、保険相談にくる人の複雑な要望に応えるためには、一社の保険会社の保険プランでは当然、得意な保険だけでは足りずに、不得意な保険も使わざる得ない為に限界があるということです。

そのような中、いろいろな保険会社の保険の中から保険プランを作成できる、ほけんの窓口や保険見直し本舗に代表される来店型保険ショップの存在は本当に自分に最適な保険プランを求めている人にとっては大変好都合であるということで、現在では来店型の保険相談所である保険ショップは全国に数千を超える規模になっています。

確かに来店型の保険ショップでは数十社の保険会社の保険プランから保険設計をすることが可能です。

しかし残念ながら、問題点がいくつかあるのも事実です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持者に保険相談することが重要

保険会社にいたからこそ分かるのですが、保険会社の営業職員や保険ショップの相談員のスキルは残念ながらそのほとんどが保険会社の総合職の人間からすると非常にレベルが低いと言わざる得ません。

確かに、生命保険の勧誘や販売をする人は業界の統一試験である、生保一般課程試験(生保募集人試験)を受験して合格しなければなりません。

何も知らない人は、業界の試験を受けて受かっているのだから大丈夫だろうという人も多いと思いますが、ハッキリ言って1日くらいの試験対策で、誰でも受かる試験です。

そんな試験を受かったからといっても、複雑極まりのない金融商品を駆使する為には、何の役にも立ちませんと言っても過言ではありません。

生保一般課程試験(生保募集人試験)は保険会社の総合職のほとんどが満点を取る試験です。

逆に満点を取れないといけない試験なのです。

したがって、これから保険相談を保険会社の営業職員や保険ショップの相談員にする際にすべきことは保険相談員のスキルや専門性のチェックです。

まずは保険を相談する人が持っている資格をチェックしましょう。

金融業界に従事する人を対象とした国家資格として、一般社団法人金融財政事情研究会(金財)が試験を実施している1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士があります。

それとは別に民間資格として、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)が試験実施しているCFP、AFPがあります。

CFPは1級FP技能士と同等、AFPは2級FP技能士と同等となります。

その下に3級FP技能士という位置付けとなります。

どちらで試験を受けても同じ国家試験であるファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)に認定されます。

上記の資格を保持している人なら安心して保険相談をしてもいいということです。

金融業界にいて、保険商品などの金融商品を扱っているまともな人ならば持っていて当然ともいえる資格です。

FP資格を保持していない人でも保険の相談や保険の見直しは可能ですが、専門性という点では疑問符が付きますので、相談の際には資格を保持しているかどうかの確認はした方がいいでしょう。

故に、まずはFP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持を考慮して、保険相談や保険見直しをするのがいいということは明白だと思います。

資格の保持の有無のチェックは簡単で保険相談員からもらった名刺を見ればいいだけです。

有資格者の名刺には必ず、FP(ファイナンシャルプランナー)の表記があります。

逆にない場合は資格を持っていない人と思って間違いありません。

質の高い保険相談員に保険相談をしてもらわないと保険料の削減は見込めない

FP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者とそうでない人とでは保険の知識や金融全般の知識に差があることは明らかです。

また、登録している1社の保険商品しか知らない人と、登録している数多くの保険商品を知っている人では最適な保険設計をしたり、保険以外の金融商品を用いたライフプランを設計する際に差が出ることは誰が考えても明らかでしょう。

実際に保険の見直しをして保険料の削減をしたい相談者は自分にとって一番最適で、一番安い保険料の保険を求めているわけですが、世の中にある保険商品の知識が豊富でないと偏ったライフプラン設計しかできません。

ファイナンシャルプランナーとして金融全般を俯瞰したうえで、様々なアプローチを駆使して制度設計のできるFPこそ、質の高い保険相談員であり、将来に渡ってライフステージごとに安心してライフプランの設計を任せることが出来るのです。

保険相談や保険の見直しは信用力のある会社ですべき

無料の保険相談をしてくれるFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれる会社を保険業界ではリーズ会社といいますが、そのリーズ会社は現在では数十社以上もあります。

残念ながら、中にはサービス提供に疑問符が付くような会社がいくつもあります。

無審査で誰でも、登録させてくれる会社まであります。

私自身ほとんどのリーズ会社をチェックしましたが、おススメできる会社は残念ながら数社しかありませんでした。

元保険会社総合職の私がまず、安心しておススメするのは保険のビュッフェです。

一番のおすすめポイントはFP(ファイナンシャルプランナー)の質が高いことです。

登録されているファイナンシャルプランナーは経験豊かな認定FPのみですので安心して保険の見直しや新規の保険相談も可能です。

平均経験年数7.4年以上、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロからもFPの質の高さが伺えます。

当然のことながらFP(ファイナンシャルプランナー)も登録の際には厳しい審査がありますのでコンプライアンスの点でも安心なのは言うまでもありません。

また、最近では大手家電量販店のヤマダ電機と業務提携をしており、ヤマダ電機の店舗内に『保険のビュッフェ』カウンターが、2017年3月16日から順次オープンして行く予定となっています。

首都圏のヤマダ電機の店舗内に50ヶ所の展開を今後予定しているので、ヤマダ電機の店舗内で保険ショップと同様に保険相談が気軽に出来る点もメリットです。

東証一部上場企業のヤマダ電機と業務提携していて実店舗内に専用カウンターもあることからもネットだけでサービス提供している会社と比べて、その信用力は言うまでもないでしょう。

更には、2017年3月から女優の門脇麦さんが出演する新TVCMが放映されていることからも、企業基盤は安定していて他のFPの保険相談サービスとは一線を画しています。

地方の方は全国対応の保険相談サービスでないと受付してもらえない

実はあまり知られていませんが、無料保険相談といっても、登録しているファイナンシャルプランナーが該当地区にいない場合は保険相談や保険の見直しをしてもらえません。

登録しているファイナンシャルプランナーは地方や離島までは保険相談に行けないということを考慮しておきましょう。

特に地方に住んでいる方は申し込みをする保険相談サービスが全国対応なのかどうなのかを確認しておきましょう。

保険のビュッフェは全国対応ですので、一部の離島以外はすべて対応可能ですのでほぼすべての保険相談が可能です。

また、相談までのオペレーションがスピーディですのですぐに相談ができることも人気の秘密です。

保険のビュッフェ

保険のビュッフェの無料の保険相談・保険見直しをおすすめする理由。保険のビュッフェのテレビCMには女優の門脇麦が出演予定

保険のビュッフェ

本日3月15日、女優の門脇麦が出演する保険のビュッフェの新TVCMの放映を記念した発表会が行われました。

今まで、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの大手の来店型保険ショップのテレビCMはありましたが、無料で保険相談や保険の見直しをしてくれるファイナンシャルプランナーの派遣をしてくれるリーズ会社がテレビCMをするのはおそらく初めてだと思いますので、サービスとしてメジャーになったのではと思っています。

今後は保険ショップの無料保険相談とともにファイナンシャルプランナーの無料保険相談が認知されていくことを期待します。

無料の保険相談や保険見直しのサービスは最近人気のサービスで数多くありますが、元国内大手保険会社総合職の管理人としてはこの保険のビュッフェが一番おすすめです。

何故、数多くあるファイナンシャルプランナーの無料保険相談の中でも保険のビュッフェのサービスをおススメするかを述べていきたいと思います。

現在、保険の悩みがあり、保険の見直しや新規の保険加入を考えていて保険相談をしたい人は是非ご利用ください。

FPの保険相談サービスの利用は何度でも無料でできるので気軽に使ってみるといいでしょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)の質が高い

保険のビュッフェのFPは一定の年数を超えた経験豊かなファイナンシャルプランナーのみですので、いろいろな保険会社の保険商品に精通しています。

いろいろな角度から保険相談者にピッタリな保険設計が可能となりますので、保険会社専属の営業マンと違って幅のある提案が可能ですので、保険料の削減や節約が可能となります。

生命保険やがん保険などの医療保険、死亡保険や終身保険からお子様のための学資保険までどんな保険でも相談が可能です。

もしもわからないことがあれば、しっかりといろいろな保険会社の保険を比較してくれて、自分に合った保険の選び方の指針まで指導が可能です。

したがって、納得して満足して保険に加入することができます。

また、加入から解約までのすべてをワンストップでやってくれますので将来に渡って安心して任せることができます。

既に14万件以上の保険相談実績がある

保険ビュッフェに登録しているファイナンシャルプランナーは平均して7年以上の経験があるので質の高い相談が可能です。

また、FPは平均して1000件以上の保険相談実績がありますので、経験に裏打ちされた質の高い保険設計が可能となります。

また、ファイナンシャルプランナーは特定の保険会社に所属しておらず、複数の保険会社の商品を取り扱えるため、相談者の要望に沿った最適な提案が可能です。

信用力のある会社で保険相談すべき

無料の保険相談をしてくれる俗にいうリーズ会社と言われる会社は現在、数十社以上あります。

中にはサービス提供に疑問符が付く会社がいくつもあります。

保険のビュッフェは大手家電量販店のヤマダ電機と業務提携をしており、ヤマダ電機の店舗内に『保険のビュッフェ』カウンターが、2017年3月16日から順次オープンして行く予定となっています。

首都圏のヤマダ電機の店舗内に50ヶ所の展開を今後予定していていることからも店舗での相談も可能です。

東証一部上場企業のヤマダ電機と業務提携していて店舗内に専用カウンターもあることからも信用力は言うまでもありません。

また、女優の門脇麦さんが出演する新TVCMの放映をみても信用力は抜群でしょう。

質の高い保険相談員に保険相談をしてもらわないと保険料の削減は見込めない

気軽に保険相談が出来ることで人気の保険ショップは複数の保険会社の保険を取り扱っていて、思い立ったときにすぐに相談出来る点ではおすすめですが、中には未経験の相談員もいるなど、保険相談員のスキルに大きな幅があることはマイナス点です。

その点、保険のビュッフェはファイナンシャルプランナーの有資格者ですのですべてのFPが経験豊富で満足のいく相談が可能です。

豊かな経験と保険知識の豊富さにより保険料の削減や節約が可能となるのです。

地方の方は全国対応の保険相談サービスでないと受付してもらえない

無料保険相談といっても、サービス提供会社によっては登録しているファイナンシャルプランナーが該当地区にいない場合は保険相談や保険の見直しをしてもらえません。

小規模な会社では、登録しているファイナンシャルプランナーは地方や離島までは保険相談に行けないということを考慮しておきましょう。

保険のビュッフェは全国対応ですので、一部の離島以外はすべて対応可能ですのでほぼすべての保険相談が可能です。

保険の相談や見直しは何度でも無料ですのでお気軽に診断してもらってみて下さい
保険のビュッフェ

日本生命 「終身保険」や「年金保険」の保険料を4月から値上げへ。マイナス金利の影響で運用難のため。他の保険会社も値上げ追随へ

日本で一番の契約数を誇る日本生命で2017年4月より、終身保険や年金保険などの保険料の値上げが決定したと報道されています。

他の保険会社も値上げの方向で日本生命に追随することが予想されます。

今回の終身保険や年金保険の保険料値上げは、昨年に実施された日銀のマイナス金利政策の影響からくるものです。

具体的にはマイナス金利で、国債の運用利回りが大幅に低下して、資産運用部門で、契約者から預かった保険料などの資金の運用が難しくなったためです。

バブル崩壊後も保険会社各社は運用利回りが悪くなり、逆ザヤの状況になっていたために、保険料の値上げと予定利率の低下をすることによって対策をしてきましたが、基本的には今回の保険料値上げの処置も同様のものと言えるでしょう。

ここで元保険会社総合職の管理人として一般契約者に注意して欲しいことは、保険料が値上がりするからと言って安易に保険契約を解約したり、契約を変更したりしないことです。

よく保険営業の人が保険の提案をする際に言うことのひとつに、「現在の保険契約を転換することで保険料を下げましょう」という提案方法があります。

保障内容も変わらずに保険料が下がると言われれば、これはいい提案だと思ってしまいがちですが、こんなうまい話があるはずはありません。

保険を転換するということは現在加入している保険を解約して、解約によって支払われる解約返戻金を頭金にして保険料を安くしているだけです。

何十万、人によっては何百万の頭金を事前に支払うのですから、保険料が安くなるのは当たり前なのです。

更に最悪なのは加入した時期が2000年前の場合はならば年金保険などの場合は予定利率が5%以上と今では考えられないような運用利率での契約となっています。

このままにしておけば、契約時に予定されていた満期保険金を受け取ることが可能なのに、転換したために、今までの運用利率は解約されてしまい、新たに契約される予定利率で新たに契約がスタートしてしまうために、満期時に受け取る金額が大幅に減額されることとなってしまうのです。

バブル崩壊後の保険会社はどこも非常に高い予定利率での契約を保有していました。

この逆ザヤ契約を解約させて新しい契約にしないと毎年毎年損失が出てしまうために、予定利率の高い契約の転換をするようにとの営業指示が社外秘の通達が出ていました。

今回もこの様な通達が出ていることが予想されますので、安易に保険契約を解約したり、転換したりしないようにしていただければと思います。

解約や転換する際には予定利率の確認をきちっとして、メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで決定していただくことをおススメします。

確定拠出年金(個人型)の相談は保険ショップの無料相談やファイナンシャルプランナー無料相談サービスを利用しよう。自宅近くまで来てくれるサービスもありますよ。

2017年1月より、確定拠出年金(個人型)の対象者が拡大します。

主婦、公務員の方も新たな対象になります。

対象者拡大にあたって、各保険会社では無料相談キャンペーン実施中ですが、保険会社で相談するとその保険会社の商品を勧められるのは明らかなので、いろいろな保険会社の確定拠出年金(個人型)を比較して説明してくれる保険ショップやファイナンシャルプランナーの無料相談を利用するのがベストです。

そもそも、確定拠出年金(個人型)とは何ぞやという人も多いと思いますので簡単に説明をしておきます。

簡単に言うと、確定拠出年金(個人型)とは自分で任意に備える年金のことです。

特徴としては、拠出時・運用時・給付時の、三つの段階のすべてにおいて税制メリットがあるという点が我々消費者からすると注目点となります。

一方、税制上メリットがあるから絶対的に加入した方がいいというものでもなく、多少のリスクもありますので、しっかりと自分で勉強したうえで加入しないと後で後悔することにもなりかねません。

そんな中、一番簡単に仕組みを理解して、自分に最適な商品の選定を助けてくれるのが、金融のプロであるファイナンシャルプランナーとなります。

現在、加入している保険の内容や確定拠出年金に関する相談でも無料で受けることができるサービスがありますので、まずは気軽に相談してみましょう。

その上で自分に適した商品があれば加入を検討してみればいいですし、そうでなければ加入しなければいいだけです。

また、確定拠出年金(個人型)の相談と同時に、現在加入している生命保険の見直しをすれば保険料の減額が出来る場合も結構な割合であるようです。

更にいろいろなキャンペーンもありますのでそちらを利用すれば更にお得に総合的な金融商品の見直しが可能です。

お子様がいる方などは学資保険の相談なども可能ですのでこの機会にお気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

★★FP全国無料派遣サービス★★

FP派遣サービスの保険相談・保険見直しは何回でも無料です

保険のビュッフェ

現在、一番評判の良い無料保険相談サービスです。
登録しているファイナンシャルプランナーはベテランが多く、非常にスキルが高いのでいろいろな観点から保険の見直しをしてくれるので保険料の削減に成功している人が多数です。
すべてフリーのファイナンシャル・プランナーですので、ノルマがなく強引な勧誘がない点も人気です。
まずはこちらから相談してみるのをおススメします。

fpを指名して相談いたい人にはこちら

【FPのチカラ】
おススメポイントは自分でFPを選んで指名できる点
FPのチカラ
FPを指名して相談ができるのはFPのチカラだけ。
顔写真や保有資格から経験豊富なFPを自分で選んで指名して相談できます。

2016年5月29日改正保険業法による保険相談や保険見直しで商品券や現金・ポイントなどのプレゼントキャンペーンの影響比較一覧

以前、2016年5月29日改正保険業法で保険相談・保険見直しでプレゼントされていた商品券やギフトカードなどの謝礼がなくなるかもしれないの記事内で保険業法改正後はプレゼントキャンぺーンは減額方向になるとの見方をしましたが、改正保険業法施行から一カ月ほど経ち、各社の保険相談に対しての考え方や取り組み方が変わってきましたので比較検討していきたいと思います。

そもそも今回の改正は保険ショップの募集方法を統一していくことに主眼が置かれていたのですが、同時に今までの保険業法には記載のなかった募集関連行為規制(紹介者規制)が新たに加わりました。

したがって、リーズ会社と言われる保険の見込み客を紹介する会社が今回の法改正をどのように考え、捉えているのかが良く分かると思います。

コンプライアンスを順守しているリーズ会社は現在、事業として保険の見込み客の発掘行為自体を保険の募集関連行為と認識して、改正保険業法にしたがって保険業法で禁止されている契約者への利益の供与を禁止または減少する方向に動いているということです。

実際に今までは保険の無料相談で高額の商品券やTポイントや楽天ポイント、更には現金までもらえるようなサービスが散見されましたが、予想された通り、保険業法改正以降、目に見えて廃止や減額の方向で進んでいるようです。

※廃止
SBIグループのあなたのFPでは今までは5000円分の商品券のプレゼントキャンペーンを行っていましたが、現在はキャンペーンはなくなりました。

業界大手の保険ゲートでも6000円分の商品券キャンペーンを行っていましたが、キャンペーンはなくなっています。

保険ランドリーは5000円の商品券キャンペーンが廃止。

といった具合に商品券をプレゼントして保険相談者を募集するキャンペーンが続々と廃止されているようです。

また、廃止されないまでも減額となるケースも増えています。

※減額
セブン アンド アイ ホールディングスのニッセンライフでは2000円の図書カードプレゼントが500円分の図書カードに減額されました。

今まで楽天ポイント6000ポイントを付与していた保険マンモスでは改正後4000ポイントに減額、そして現在は3000ポイントとなっています。

※2017年4月7日より完全廃止

もしかしたら、この3000円(3000ポイント)という金額がひとつの基準となっているようにも思います。

現金が5000円もらえるキャンペーンをしていたみんなの生命保険アドバイザーでは一人で相談なら3000円分商品券、夫婦2人なら6000円分の商品券と一人当たり3000円分の謝礼ということですので、3000円というのがひとつの基準として、業界内での暗黙の了解なのかもしれません。

保険アドバイザーズ保険の選択も同様に商品券3000円分の謝礼ということです。

※継続

一方、ほけんの時間は唯一、今までどうり、商品券6000円分プレゼントのキャンペーンが継続していますので、保険相談を考えている方は減額される前に保険相談をしてみるのもいいかもしれません。
ほけんの時間は新規参入のサービスですのでその為にある程度キャンペーンが継続されるかもしれませんね。

※2017年4月7日より完全廃止

保険相談や保険見直しを考えている人でどうせなら商品券をもらえた方がいいと思っているような人は早めに申し込みをして今のうちに専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に保険見直しをしてもらったり、保険相談比較を終わらせておいた方がいいかもしれません。

無料保険相談・保険見直しの謝礼で商品券やギフト券・楽天ポイントやプレゼントのおすすめFP派遣サービス一覧

ほけんの窓口や保険見直し本舗などの大手保険ショップでの保険相談では商品券がもらえるキャンペーンはありません

ほけんの窓口や保険見直し本舗といった大手保険ショップで商品券やギフトカードなどのプレゼントがもらえるキャンペーンがないか探している人は残念ながらその様なキャンペーンを探すことは無理ですので諦めましょう。

※お知らせ※
現在、唯一来店型保険ショップで行われているキャンペーンです。
保険市場東証一部指定来店保険相談キャンペーンで三井住友カードVJAギフトカード2,000円分がもらえるキャンペーン【2016年7月30日~9月30日】

もちろん保険クリニック、ほけん百花、みつばちほけん、保険市場、ライフサロン、保険テラス、保険ひろば、保険物語、保険ほっとライン、保険相談サロンF.L.P、イオン保険ショップ、セブン保険ショップ、保険deあんしん館、ほけん工房、アフラックサービスショップ、ほけんの110番、東急ほけんのコンシェルジュ、ゼクシィ保険ショップといった他の保険ショップでも同様にその様なキャンペーンはありません。

何故かというと、これらの保険ショップは保険代理店であり、保険業法によって商品券や現金などの謝礼を保険相談などのインセンティブとして渡すことを禁止しているからです。

どうしても保険相談で商品券が欲しい方はFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれるサービスを探しましょう。

それならば、まだ商品券や現金をくれるサービスをしているところがあります。

これはこれらのファイナンシャルプランナー無料保険相談サービスを提供している会社はリーズ会社と言って、保険の募集はしておらず、ファイナンシャルプランナーに保険の見込み客を紹介するサービスを生業としている会社であり、保険代理店ではないので保険相談のインセンティブとして商品券やギフトカードをプレゼントするキャンペーンを行っても問題はないからです。

無料保険相談・保険見直しの謝礼で商品券やギフト券・楽天ポイントプレゼントのおすすめFP派遣サービス一覧

しかしながら、これらのサービスも2016年5月の保険業法改正施行によってもらえる商品券などの謝礼の金額が下がってしまう可能性がありますので、4月5月のうちに保険相談や保険の見直しをしておいたほうがお得なのは間違いないでしょう。

実際、2016年5月29日改正保険業法を見据えて一部のファイナンシャルプランナー派遣紹介サービスを行っているリーズ会社では保険相談でプレゼントする商品券やギフトカードの金額が既になくなってしまったり、減額されているようです。

例えばコンプライアンスを重視している大手のニッセンライフのFPナビは今までは保険相談で2000円分の図書カードが謝礼としてプレゼントされていましたが、4月より500円の図書カードに減額されています。

また、業界最大手の保険マンモスでは今まで保険相談をすると楽天ポイントが6000ポイントもらえたのですが、こちらも4月から4000ポイントへと減額となってしまいました。

唯一、ほけんの時間では今のところJCBギフト6,000円プレゼント中ですが、2016年5月29日改正保険業法以降はそのままJCBギフト6,000円プレゼントとなるかはっきりとしないようです。

保険相談で商品券のプレゼントキャンペーンは継続されるようですが、プレゼント金額が減額される可能性もあるため保険相談や保険見直しを検討されている方はなるべく早めの申し込みをしておく方がいいと思われます。

実際のこの様なFP(ファイナンシャルプランナー)無料派遣サービスはすぐに担当するFP(ファイナンシャルプランナー)が決まることはあまりなく1ヵ月から3か月ほど掛かる場合もありますので急いでいる方は余裕を持った申し込みがいいでしょう。

また、実際の相談も一回で終わることはそれ程なく、2回〜3回のヒアリングや提案があって最終的に保険契約となりますので学資保険など考えている方などは申し込み可能期間の関係上、早めの対処が必要となります。

保険相談で商品券がもらえるファイナンシャルプランナーによる無料保険相談は早めに済ましておいて、その後保険ショップや商品券のもらえないFP無料保険相談を利用して比較検討したうえで一番自分に最適な保険プランを提案してくれたファイナンシャルプランナーか保険ショップで保険契約をするといいでしょう。

保険ショップもファイナンシャルプランナーも担当者ごとにスキルの差がかなりありますので、しっかりと相談できる相手を見つけることが一番大事であることを忘れないでください。

2016年5月29日改正保険業法で保険相談・保険見直しでプレゼントされていた商品券やギフトカードなどの謝礼がなくなるかもしれない

2016年5月29日改正保険業法が施行されます。

今回の改正は1996年の保険業法改正以来の大きな改正となります。

前回の1996年の改正の前までは、一社専属の保険の代理店しか認められていませんでしたが、改正で複数の保険会社の商品を取り扱うことのできる乗合代理店が認められました。

このような乗合の保険代理店はその後、2000年代に急成長をしてほけんの窓口保険見直し本舗といった大手保険ショップへとなっていきました。

そんな保険ショップなどの保険代理店やFP(ファイナンシャルプランナー)は今回2016年5月29日改正保険業法で今までは問題にならなかった募集方法などが制約を受けることとなります。

それに従って、保険ショップやFP(ファイナンシャルプランナー)に対して今までとは違った募集方法が求められるようになりますのでこれらについて説明をしていこうと思います。

今回の改正はしっかりと保険を吟味して選んでいきたいというような我々消費者にとっては非常にメリットのある改正となることは間違いないようですが、裏には国内生保各社が影響力を増している保険ショップに対して募集の制約をかけたのではないかとも個人的には思えます。

中でも推奨理由の開示と比較説明義務は我々消費者からすると非常にありがたい改正でしょう。

本来保険募集人は顧客の意向に従って複数の中から一番最適な保障プランを推奨すべきですが、競争が増してきた近年、一部には外資系保険会社などの保険手数料の大きいものを優先して提案しているような保険代理店が散見されており、トラブルが絶えませんでした。

要するに中立な立場でご提案と謳ってはいるものの、実際には自らの利益に直結するものを優先的に提案していたということです。

しかし、今回の改正保険業法により、推奨理由の開示と比較説明義務が生じることにより、保険ショップや保険代理店で取扱っている保険のすべてを開示したうえで比較して、最終的に推奨したものの理由をはっきりと伝えることが義務付けられることとなりました。

要するに今まで手数料が高いから勧めていたのならば、代理店手数料が高いから勧めていますと伝える必要性があるようになったということです。

今まではほとんどの保険ショップで推奨理由や取扱いの保険などの情報の開示はほとんどないといった状況であったと思いますが、今後はこれらがない場合は法令違反となりますので、ない場合はなぜ情報開示と説明がないのかをはっきりと問いただしていただければと思います。

そもそも、これらの開示がない場合はその保険ショップや保険代理店やFP(ファイナンシャルプランナー)から保険契約をしない方が賢明なのはいうまでもないでしょう。

また、現在の保険業法には記載のなかった募集関連行為規制(紹介者規制)が新たに加わったことが注目されます。

これは新規契約者や既存契約者からの乗り換えなどの見込客発掘から保険契約成立までに至る広義の意味での保険募集のプロセスで保険募集行為に該当しないことが保険の募集関連行為と新たに定義されたことであるということです。

実際には保険商品の推奨や保険についての説明は行わずに、保険契約見込客の情報を保険ショップなどの保険代理店やFP(ファイナンシャルプランナー)などの保険募集人に提供する行為などが具体的事例として該当します。

現在、保険の相談や保険の見直しをするだけで商品券やギフトカードがもらえるといった広告やサービスを目にしたことがある人も多いと思います。

確かに現在、国内生保各社は様々な保険会社の保険商品から比較販売が出来る保険ショップや高額な商品券やギフトカードを謝礼として見込み客を掘り起こし、ファイナンシャルプランナーや保険代理店に見込み客を販売している保険リーズ会社に既存の顧客を奪われたり、新規の顧客の開拓にも水をあけられている感は否めないようです。

こんな状況の中、一般の消費者にとって一番の懸念点は現在、保険の見直し相談や新規の保険の相談でもらうことが出来ていた商品券やギフトカード、楽天ポイントなどの謝礼やプレゼントはどうなってしまうのか心配な方も多いと思います。

結論から言うと、間違いなく高額な商品券やギフト券のプレゼントキャンペーンは今後は減っていく傾向もしくは高額な商品券やギフトカードやポイント付与などの謝礼は少額に減っていくかなくなってしまうことになるはずです。

実際にコンプライアンスを重視する大手のリーズ会社などでは謝礼の額が減少傾向にあるようです。

商品券を目当てに保険相談や保険見直しを考えている人やどうせ保険の見直しをするなら商品券がもらえた方がいいと思っているような人は改正保険業法が施行される前に申し込みをして保険相談を終わらせておいた方がいいようです。

無料保険相談・保険見直しにおすすめのFP(ファイナンシャルプランナー)派遣サービス一覧

大手中堅の来店型保険ショップの特徴や取扱い保険会社などの比較まとめ

ほけんの窓口

店舗数ナンバーワンのほけんの窓口 の一番の特徴はなんと言っても店舗数の多さです。
日本全国の各都道府県に複数店舗を構えていますので、転勤が多い方や、今後引っ越しを予定しているご家族でも安心して継続的に相談を受けることが可能です。
また、保険相談実績も累計100万件を超えており、保険相談件数はナンバーワンで保険相談窓口の中では圧倒的な相談数です。
取扱い保険会社も約35社ありますので、各保険会社を比較して自分にピッタリの保険を見つけることができるでしょう。
ソニー生命やメットライフ生命の保険知識に詳しい保険相談員が数多くいますので、これらの保険について詳しく説明を聞きたい方は相談してみて下さい。
店舗で直接相談するほかに自宅まで訪問してもらい保険相談をしてもらうことも可能な来店型保険ショップです。

保険市場

・ 運営企業:株)アドバンスクリエイト
・ 取扱保険会社: 56社
・ 直営店舗数: 13店舗
保険ショップで唯一東証一部に上場している企業ですのでコンプライアンス等安心して保険相談ができます。
相談スペースも保険ショップの中で一番豪華で、落ち着いた空間でゆったりと相談が可能です。
厳選されたベテランの相談員が揃っていますので、しっかりとした保険相談が可能です。
相談員の質が一番安定している店舗型の保険相談窓口と言えるでしょう。

保険見直し本舗

店舗数ナンバー第二位の保険見直し本舗の特徴は取扱い保険会社が約50社と来店型保険ショップで一番多い点と保険相談員の約9割が女性ということでしょう。
女性の保険相談では女性にしかわからないような疾患に対しての保障も多いので、実際には女性の相談員の方が親身になって真剣に相談に乗ってもらうことが可能です。
また、Million Dollar Round Table (MDRT) という、世界67の国と地域の500社以上で活躍する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家の国際的な組織の会員が数多く在籍していることでも評判です。
MDRT会員は卓越した保険商品知識を併せ持ち、非常に厳しい倫理基準を満たして、優れたサービスを顧客に提供していますのでMDRT会員への相談を希望される場合はお問い合わせしてみるといいでしょう。

保険クリニック
保険クリニック 診断
保険クリニックの特徴はIQシステムという保険相談員の主観の入らない、保険比較システムによる保険提案が出来ることです。
これによりシステムで中立公平な立場から提案してもらい、その上で保険コンサルタントとともに自分の保険を比較検討していける点が最大のメリットであるでしょう。
また、保険クリニックは日本で初めての保険相談窓口として長年来店型保険ショップを運営してきた実績もありますのでその点からも評判の良い保険ショップとして知られています。
保障内容や保険料などを数字で比較して保険比較をしたい人には最適の保険見直しができる保険ショップでしょう。

みつばちほけん
中堅の来店型保険ショップで約30社の保険会社の商品から保険の比較が可能です。
首都圏を中心に全国に保険ショップを展開しています。
かつて、檀蜜でのテレビCMでもおなじみの店舗で知名度はあるでしょう。
SBIグループが筆頭株主の為、店舗によってはSBIマネープラザとして金融商品全般の相談ができる店舗もありますので総合的な相談も可能です。
最近はみつばちほけんブランドではなくほけん選科としてもブランド展開しているようです。
ちなみにほけん選科の社長、今野有加氏はほけんの窓口創設者の今野則夫氏の妻です。
かつて現在のほけんの窓口が、みんなの保険プラザ、ほけんの専門店、ほけんの窓口の3ブランドで店舗展開をしていたのと同様に複数のブランド展開をしてひとつのブランドに集約させていくのか、そのまま複数のブランドで展開していくのか今後に注目ですね。

ほけん百花
取扱い保険会社約20社

店舗型の保険無料相談サービスです。駅の最寄りやショッピングセンターにあるので、お買い物や通勤の途中でお寄りいただけます。
土日祝日も営業しています。
相談や試算は何度でも無料ですし、加入中の保険内容の分析も無料なので不安を取り除けます。
お店は奇麗ですし、スタッフは殆どが女性ですから、女性お一人でも入りやすいです。
約20社 100商品の中から比べて選ぶ事ができます。
地元密着の店舗型であることに加え、保険専門スタッフによる対面サービスですので親身になって保険を考えます。
だから、特定の保険会社に依存するご提案はしません。
キッズスペースがあるからお子様と一緒でも安心です。
店舗内でご契約や更新の手続きも可能です。(HPより)

保険ほっとライン
愛知県を中心に大都市圏で店舗展開している中堅の来店型保険ショップです。
自社ブランドの保険ショップと提携している保険代理店での保険相談予約が可能でそちらでも保険相談が可能です。
約30社の保険会社の保険会社の中から保険比較が可能です。
保険ショップ大学を設立して研修をしているとのことですが、単なる入社後の研修プログラムであり、他の保険ショップでも同様の入社後の研修は行われていますので大学という名を冠するのには疑問符以外ありませんね。
また、出身母体がアフラック(アメリカンファミリー生命保険)ですので基本的にアフラックの保険またはオリックス生命保険を提案されることが多いようですので公正中立な立場での提案はあまりないようです。
これはアフラックのトップ代理店として、保険手数料の優遇があることが影響しているのでしょう。
損害保険に関してはいくつかの保険会社の保険を比較してくれているようです。

ライフサロン
約30社の保険会社から保険比較が可能な中堅の来店型保険ショップです。
2015年にニッセイ(日本生命保険相互会社)に買収された来店型保険ショップとして業界で一気に有名になった保険ショップです。
複数社の保険会社から保険を選べて比較が可能でしたが、ニッセイに買収されたことでニッセイの保険を優先に勧められる可能性が高くなったかもしれませんので今後に注目が集まっています。
現在は関東近郊や大都市中心の出店でしたが、今後はニッセイの後ろ盾で全国展開が予想されます。

保険ひろば
約30社の保険会社から保険比較が可能な中国、九州地方を中心に運営する来店型保険ショップです。
山口県の大手の保険代理店が昨今の来店型保険ショップの形態に業態転換したようです。
最近ではTVCMも流れているようですので中国、九州地方の方にはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
地方の保険代理店とした位置づけがいいかもしれませんね。
大手保険ショップとの提案と比べてみるとその差がわかるでしょう。

保険テラス
約30社の保険会社から保険比較が可能な大都市圏を中心に運営する来店型保険ショップです。
業界的にはあまりメジャーな来店型保険ショップではなく、これから拡大していく感じのようです。
東京、大阪、愛知などの大都市圏にお住まいの方なら店舗もそこそこありますのでご利用を検討してもいいかもしれません。
地方転勤が多い方などは転勤先を考えると大手来店型保険ショップが利便性がいいかもしれません。

なぜ保険ショップで保険相談しても商品券がもらえないの?

保険相談をするともれなく商品券5,000円がもらえるとか、保険相談後のアンケート記入でギフトカードが3,000円もらえるなどの広告を見ることも多いと思います。

よく見てみるとそれらの広告はすべてFP(ファイナンシャルプランナー)との面談で、保険ショップでの面談というのはないのですが、何故ですか?と最近よく聞かれますので簡単にまとめてみたいと思います。

まず、これらの保険見直しで商品券がもらえると広告を出しているのはFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップではなくて、リーズ会社といって保険契約の見込み客をFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップなど保険の募集をしている人や会社に販売している会社です。

このリーズ会社は実際に保険の募集をすることはなく、あくまで保険契約をする可能性のある人々を探して紹介するのがその会社の主たる業務です。

数年前にはただ、FP(ファイナンシャルプランナー)が無料で保険相談や保険の見直しをしてくれるというだけで結構な数の見込み客が集まったのですが、ここ数年でリーズ会社が一気に増えたこともあり、現在ではギフトカードや商品券、現金などの謝礼がどんどんと上がっている状況です。

保険ショップは保険代理店になる為、保険業法が適応されます。

もちろん中で働いている保険ショップ社員である保険募集人にも保険業法が適応されます。

したがって保険募集人登録をしているFP(ファイナンシャルプランナー)にも保険業法が適応されることとなります。

保険業法の中には保険の契約と引き換えに金品の授受を禁止している項目があり、その為多額の商品券や現金などの謝礼をプレゼントすることは法律上禁止されているのです。

そこで効率良く見込み客を見つけるために保険の募集を生業としていない保険の見込み客だけを探す会社で、保険業法の適応を受けないリーズ会社の登場ということです。

リーズ会社は見込み客を探して保険募集人に販売し、FPや保険ショップ社員などの保険募集人は見込み客が契約した際に受け取る多額の保険契約手数料を受け取るという流れです。

しかし、最近では多額の商品券などの謝礼目的で保険相談を受ける人が増えてきたので高いお金を支払ってリーズ会社から見込み客を買っても保険契約に至らないケースが増えてきているようです。

もちろん本来FP(ファイナンシャルプランナー)は保険相談者に最適なプランを提案するのが当然なのですが、見込み客を高いお金を支払って紹介してもらっている関係上、コスト的な問題が生じているのです。

したがって、FP(ファイナンシャルプランナー)の中には自分が払ったコストを回収するために必要以上の保険料が必要な契約を提案する人も増えているようでクレームの比率も高くなっているようです。

実際に保険の見直しが必要で真剣に相談を希望している人にとっては本当に迷惑な話のようです。

したがって真剣に保険相談を求めている人はリーズ会社を選別する必要が出てきているのです。

そんな中、元国内大手生保総合職の私が安心しておススメできるのは今のところ保険のビュッフェ保険マンモスの2社です。

保険のビュッフェと保険マンモスのFPは特定の保険会社に所属しないフリーのファイナンシャル・プランナーですので、ノルマがなく強引な勧誘がありません。
保険選びの新機軸とも言えるお客様視点に立った無料の保険相談や保険の見直しのできるファイナンシャルプランナー紹介サービスの登場です。

両社ともコンプライアンス順守の一流企業で評判も申し分ないです。

保険のビュッフェ

保険マンモス

保険相談は無料ですので、いくつかのお勧めの会社のFP(ファイナンシャルプランナー)の提案を比べて自分にとって最適と思う方の提案で納得して契約するのが一番いいと思います。

無料保険相談・保険見直しでおすすめのFP派遣サービス一覧