★★★ 人気の記事 ★★★
☞ 無料保険相談ランキング
☞ 無料保険相談で商品券やプレゼント
年代別でおすすめの無料保険相談サービス比較ランキング

ファイナンシャルプランナーの無料保険相談・保険見直しをおすすめする理由はなぜか

元保険会社総合職の管理人1番のおすすめは 保険のビュッフェ

保険の相談はかつては主流であった俗にいう「保険のおばさん」と言われている保険会社の営業職員から最近では来店型保険ショップと言われている店舗型の保険代理店で相談するものへとシフトしつつあります。

元大手保険会社総合職の管理人からするとこの流れはいたって当然のことと思料します。

そもそも保険とは、かつては「保険のおばちゃん」の方々との付き合いで、契約するという感じだったものでした。

しかし、インターネットが発達した現代社会では、いろいろな情報が開示されていて、誰でも、すべての保険の情報に簡単にアクセスできます。

したがって、ちょっと興味があれば、自分で保険を比較したり、選んだりと誰でも簡単に出来るので消費者の選択肢の幅が拡がったとも言えます。

当然、一社の保険会社の専属の「保険のおばちゃん」の提案する保険がベストであることはほとんどありません。

確かに、各保険会社ではいくつかの得意な保険があります。

逆に、それは裏を返せば、不得意な保険もあるということです。

それはつまり、保険相談にくる人の複雑な要望に応えるためには、一社の保険会社の保険プランでは当然、得意な保険だけでは足りずに、不得意な保険も使わざる得ない為に限界があるということです。

そのような中、いろいろな保険会社の保険の中から保険プランを作成できる、ほけんの窓口や保険見直し本舗に代表される来店型保険ショップの存在は本当に自分に最適な保険プランを求めている人にとっては大変好都合であるということで、現在では来店型の保険相談所である保険ショップは全国に数千を超える規模になっています。

確かに来店型の保険ショップでは数十社の保険会社の保険プランから保険設計をすることが可能です。

しかし残念ながら、問題点がいくつかあるのも事実です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持者に保険相談することが重要

保険会社にいたからこそ分かるのですが、保険会社の営業職員や保険ショップの相談員のスキルは残念ながらそのほとんどが保険会社の総合職の人間からすると非常にレベルが低いと言わざる得ません。

確かに、生命保険の勧誘や販売をする人は業界の統一試験である、生保一般課程試験(生保募集人試験)を受験して合格しなければなりません。

何も知らない人は、業界の試験を受けて受かっているのだから大丈夫だろうという人も多いと思いますが、ハッキリ言って1日くらいの試験対策で、誰でも受かる試験です。

そんな試験を受かったからといっても、複雑極まりのない金融商品を駆使する為には、何の役にも立ちませんと言っても過言ではありません。

生保一般課程試験(生保募集人試験)は保険会社の総合職のほとんどが満点を取る試験です。

逆に満点を取れないといけない試験なのです。

したがって、これから保険相談を保険会社の営業職員や保険ショップの相談員にする際にすべきことは保険相談員のスキルや専門性のチェックです。

まずは保険を相談する人が持っている資格をチェックしましょう。

金融業界に従事する人を対象とした国家資格として、一般社団法人金融財政事情研究会(金財)が試験を実施している1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士があります。

それとは別に民間資格として、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)が試験実施しているCFP、AFPがあります。

CFPは1級FP技能士と同等、AFPは2級FP技能士と同等となります。

その下に3級FP技能士という位置付けとなります。

どちらで試験を受けても同じ国家試験であるファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)に認定されます。

上記の資格を保持している人なら安心して保険相談をしてもいいということです。

金融業界にいて、保険商品などの金融商品を扱っているまともな人ならば持っていて当然ともいえる資格です。

FP資格を保持していない人でも保険の相談や保険の見直しは可能ですが、専門性という点では疑問符が付きますので、相談の際には資格を保持しているかどうかの確認はした方がいいでしょう。

故に、まずはFP(ファイナンシャルプランナー)の資格保持を考慮して、保険相談や保険見直しをするのがいいということは明白だと思います。

資格の保持の有無のチェックは簡単で保険相談員からもらった名刺を見ればいいだけです。

有資格者の名刺には必ず、FP(ファイナンシャルプランナー)の表記があります。

逆にない場合は資格を持っていない人と思って間違いありません。

質の高い保険相談員に保険相談をしてもらわないと保険料の削減は見込めない

FP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者とそうでない人とでは保険の知識や金融全般の知識に差があることは明らかです。

また、登録している1社の保険商品しか知らない人と、登録している数多くの保険商品を知っている人では最適な保険設計をしたり、保険以外の金融商品を用いたライフプランを設計する際に差が出ることは誰が考えても明らかでしょう。

実際に保険の見直しをして保険料の削減をしたい相談者は自分にとって一番最適で、一番安い保険料の保険を求めているわけですが、世の中にある保険商品の知識が豊富でないと偏ったライフプラン設計しかできません。

ファイナンシャルプランナーとして金融全般を俯瞰したうえで、様々なアプローチを駆使して制度設計のできるFPこそ、質の高い保険相談員であり、将来に渡ってライフステージごとに安心してライフプランの設計を任せることが出来るのです。

保険相談や保険の見直しは信用力のある会社ですべき

無料の保険相談をしてくれるFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれる会社を保険業界ではリーズ会社といいますが、そのリーズ会社は現在では数十社以上もあります。

残念ながら、中にはサービス提供に疑問符が付くような会社がいくつもあります。

無審査で誰でも、登録させてくれる会社まであります。

私自身ほとんどのリーズ会社をチェックしましたが、おススメできる会社は残念ながら数社しかありませんでした。

元保険会社総合職の私がまず、安心しておススメするのは保険のビュッフェです。

一番のおすすめポイントはFP(ファイナンシャルプランナー)の質が高いことです。

登録されているファイナンシャルプランナーは経験豊かな認定FPのみですので安心して保険の見直しや新規の保険相談も可能です。

平均経験年数7.4年以上、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロからもFPの質の高さが伺えます。

当然のことながらFP(ファイナンシャルプランナー)も登録の際には厳しい審査がありますのでコンプライアンスの点でも安心なのは言うまでもありません。

また、最近では大手家電量販店のヤマダ電機と業務提携をしており、ヤマダ電機の店舗内に『保険のビュッフェ』カウンターが、2017年3月16日から順次オープンして行く予定となっています。

首都圏のヤマダ電機の店舗内に50ヶ所の展開を今後予定しているので、ヤマダ電機の店舗内で保険ショップと同様に保険相談が気軽に出来る点もメリットです。

東証一部上場企業のヤマダ電機と業務提携していて実店舗内に専用カウンターもあることからもネットだけでサービス提供している会社と比べて、その信用力は言うまでもないでしょう。

更には、2017年3月から女優の門脇麦さんが出演する新TVCMが放映されていることからも、企業基盤は安定していて他のFPの保険相談サービスとは一線を画しています。

地方の方は全国対応の保険相談サービスでないと受付してもらえない

実はあまり知られていませんが、無料保険相談といっても、登録しているファイナンシャルプランナーが該当地区にいない場合は保険相談や保険の見直しをしてもらえません。

登録しているファイナンシャルプランナーは地方や離島までは保険相談に行けないということを考慮しておきましょう。

特に地方に住んでいる方は申し込みをする保険相談サービスが全国対応なのかどうなのかを確認しておきましょう。

保険のビュッフェは全国対応ですので、一部の離島以外はすべて対応可能ですのでほぼすべての保険相談が可能です。

また、相談までのオペレーションがスピーディですのですぐに相談ができることも人気の秘密です。

保険のビュッフェ