★★★ 人気の記事 ★★★
☞ 無料保険相談ランキング
☞ 無料保険相談で商品券やプレゼント

学資保険 訪問型保険相談

おすすめ学資保険を選ぶなら資料請求して比較するよりもFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談する方が商品券やプレゼントがもらえてメリットが多い

投稿日:

お子さんが生まれた方や、これから生まれる予定の方は将来の子供の教育資金として学資保険を検討されていることと思います。

検討するにあたって資料請求をしたり、自分自身で勉強したり、詳しい人に相談したりする人も多いと思いますが、ハッキリ言って無駄なことが多いと思います。

何故なら、そもそも、どのような前提で、学資保険を設定するかがわかっていない人が大半だからです。

また、学資保険などの保険商品は数カ月ごとの新商品が出ていますし、自分ですべての資料を集めて比較検討するというのは現実的ではありません。

オススメなのは無料で金融のプロである、FP(ファイナンシャルプランナー)相談できるサービスを利用することです。

今なら、無料の相談をするだけでA5ランクの黒毛和牛を家族全員分もらえるキャンペーンや、高級フルーツなどのプレゼントがもらえるキャンペーンがたくさんあるのですから、利用しない手はないでしょう。

学資保険も年々複雑化していく一方ですので、”自分で調べてもよく分からないことは金融の専門家に聞く”というのが正解であると言えます。

それでも自分で資料を取り寄せて、比較検討したいというなら、こちらが一番簡単に資料請求が可能ですのでご利用ください。

資料請求するだけで、最高級のお米の魚沼産コシヒカリがもらえます。
学資保険一括資料請求サービス

資料は徹底的に比較するのではなく、どんな商品があるのかを把握するのに利用するのが良い

いくら勉強しても短期間では商品知識はプロには敵いませんので、基本的にはプロに相談する前提でどんな商品があるのかを把握するようにしましょう。

プロに相談する際にある程度知っているのといないのとでは加入する際に、納得感が圧倒的に違います。

比較検討にあたって、まずは3点に注目して比較検討していきましょう。

第1は返戻率

➡ 返戻率は払った保険料がいくらになって戻ってくるのかということ。

第2は解約払戻率がいつ100%を超えるのか

➡ 保険料払い込み何年後なら、解約した場合に払った金額以上が戻ってくるのかということ。

第3は保険会社の信頼性

➡ 10年から15年くらいの長期に渡って保険料を支払い続けるのですから、保険会社の選択は重要であると言えます。

保険会社が破綻してしまえば元も子もないということです。

海外の格付け機関のムーディーズ、スタンダート・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングス、日本の、日本格付研究所(JCR)、格付投資情報センター(R&I)などの格付けを参考にして、最終的に加入しようと考えている保険会社の健全性を判断して決めましょう。

上記の3点をベースに比較するとわかりやすいはずです。

学資保険は、上記の3点に保険料払込免除特約を付加するかどうかがすべてです。

保険料払込免除特約とは、保険契約者である親に万が一のことがあった場合に、以後の保険料支払いが免除され、学資金(満期保険金やお祝金)は当初契約していた予定通り受け取ることが可能という特約です。

これらをベースにFP(ファイナンシャルプランナー)に相談すればその時々で最適なプランを提案してもらえるはずです。

何年後にいくらもらえて、何年支払えば解約返戻金が元本割れせずに、加入する保険会社は満期の時期まで破綻可能性の低い保険会社なのかという点に尽きるということです。

そして、満期までに何かあるかもしれないから不安だという方は保険料払い込み免除特約を付加すればいいだけという非常に明解な保険商品です。

更に、具体的なプランは、無料で金融の専門家に相談出来るサービスがあるのですから利用しない手はないということです。

オススメの無料相談サービスは保険マンモスと、保険のビュッフェの大手2社です。

今ならプレゼントキャンペーン開催中ですので利用しない手はありません!

学資保険に加入するにあたって、公的な手当てがどのくらいあるのかは知っておいた方が良い

あまり知らない方も多いと思いますので、一般的な公的な手当てもありますので、そちらも把握しておきましょう。

また、健保組合などでも手当てがある場合が多いので会社の福利厚生担当の方に資料をもらっておきましょう。

すべての人が対象となる、一番身近な手当ては児童手当となります。

一般的な金額は以下となりますので、参考にしてもらえればと思います。

基本的に3歳未満までは月額15000円(年額180000円)

3歳から小学生までは月額10000円(年額120000円)

中学生までは月額10000円(年額120000円)

所得制限 限度額以上は特 例 給 付として、一律月額5000円

上記は横浜市の児童手当ですが、ほとんどの市町村でも同様に請求すれば、児童手当として支給されます。

市町村で多少の児童手当の額に前後がありますので、正確な金額は対象の市町村で確認下さい。

所得制限等がありますが、所得控除して600万以下なら上記の児童手当がもらえますので、年収700万円以下なら上記の金額の対象となると考えていいでしょう。

したがって、

3歳まで、合計540000円
3歳~12歳まで、合計1620000円
12歳~15歳まで、合計360000円

合計2520000円

くらいは公的な手当てで、家庭の収入とは別に蓄えることができると言えます。

これらの公的な手当てを学資保険の保険料として支払っていくと、今ある給与から月額の負担なしで無理なく教育資金を確保できるということです。

これらが確保できることをベースに専門家に相談するのが一番賢い方法であると思います。

よくわからないことや、自分で判断できないことは専門家に相談するのが良い

学資保険に加入する際には、満期の時期や月々の積立金額や保険料の払込年齢などを決めなければいけません。

払込期間を短くするとそれに応じて、返戻率が上がり、貯蓄性が上がります。

したがって、なるべく早めに払い込みが終わるようにするのがベターです。

学資保険は払込期間や払込金額など、商品ごとに自由に設定が可能なのが通常です。

お子さんが高校卒業時に大学入学資金等である程度のまとまった金額が必要となることはわかっていても、どのように学資保険を設定するのがいいのかはご家庭ごとに事情が異なります。

中学、高校が公立なのか、私立なのか、両親が共働きなのか、奨学金を利用するかでもいろいろと設定方法が変わってきますので、この様な複雑なことは金融の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談をするのが最適です。

学資保険は貯蓄型・保障型とありますが、これは貯蓄型一択です。

保障型は考える必要はありません。

よく保険会社の営業職員に知り合いがいるから相談するという人が多いですが、おすすめしません。

これは保険会社専属の営業員は自社の保険商品の中からしか商品の設定ができないからです。

相談するなら保険会社専属でない、フリーのFP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談をするのが正解です。

学資保険には余計な特約は一切つける必要なし

通常の死亡保険と同様に学資保険にも医療特約を付加することが可能ですが、これらはあえて付加する必要はありません。

もしも、学資保険を解約したくなったり、医療特約を解約したくなった際にいろいろと面倒となるからです。

従って、学資保険を考慮する際には他の保障は他の保険で考えればいいですし、学資保険はあくまで教育資金としての位置付けとして検討してもらうのがいいでしょう。

比較検討すべき特約は保険料払込免除特約のみです。

学資保険の相談は最低でも2社以上でするのが良い

学資保険は様々な商品や保険設計が可能ですので、できればいろいろなFP(ファイナンシャルプランナー)に相談する方が無難です。

これはFPによって、いろいろな考え方があり、提案も異なってくることによります。

どこの保険会社にも専属でないFPに相談することにより、いろいろな保険会社の学資保険を検討することが可能となり、いろいろな観点から比較検討することが可能となりますのでできるだけ多くの提案プランを検討するようにしましょう。

提案によっては数十万円の差が生じることもありますので、慎重に検討していきましょう。

金融のプロであるFPに複数人に相談することにより、自分にとってもベストの提案を見つけることが可能となります。

無料で保険相談できるキャンペーン等を利用して、効率良く比較検討していきましょう。

プレゼントがあるキャンペーンもありますので利用しない手はありません。

まとめ

・学資保険資料請求は商品把握をするためのもので、比較検討はFP(ファイナンシャルプランナー)にするのが良い。

・学資保険は貯蓄型一択。保障型は必要ない

・学資保険に医療特約などの特約は必要ない

・保険料払込免除特約を付加するかどうかは検討する必要あり

・公的な手当てがあるのでそれらを保険料に充当するとよい

・キャンペーンを利用すれば、無料でFP(ファイナンシャルプランナー)に相談できて、プレゼントももらえるのでお得

・保険相談は最低でも2社以上でするといいプランがわかる

学資保険などの保険相談でプレゼントがもらえる、おすすめのキャンペーン

資料請求するだけで、最高級のお米の魚沼産コシヒカリがもらえます

高級フルーツなどのプレゼントがもらえます

A5ランクの黒毛和牛を家族全員分もらえます

-学資保険, 訪問型保険相談

執筆者:

関連記事

no image

保険相談や保険見直しでもれなくもらえるオススメのプレゼントキャンペーン3つを比較

以前は保険の相談や見直しで商品券がもらえるというキャンペーンを頻繁に目にしたかと思いますが、 2017年4月の金融庁の指導で換金性の高い商品提供の禁止が言い渡されたことによって、 商品券やギフトカード …

no image

無料保険相談で商品券などのプレゼントがもらえるキャンペーンの実際の面談率はどうなの?どこがおすすめなの?

保険相談や保険の見直しを考えている人がネットでいろいろと探していると目につくのが、保険相談面談完了の謝礼で商品券プレゼントとか、A5ランクの黒毛和牛を家族全員にプレゼントとか、お好きな商品を選んでもら …

no image

来店型保険ショップとFP(ファイナンシャルプランナー)無料派遣などの訪問型の保険相談の大きな違いはなに?メリットとデメリットは?

実際に自分が加入する保険を探している方や保険の見直し・相談を考えている人が来店型保険ショップとFP(ファイナンシャルプランナー)無料派遣などの訪問型の保険相談のどちらで相談したらいいか、どう違うのか、 …

no image

保険相談や見直しで商品券やプレゼントなどのキャンペーンで注意しなくてはならないこと。謝礼商品は必ずもらえるわけではない。

☆ おすすめのプレゼントキャンペーン ☆ 保険の相談をして商品券やポイントなどがもらえるというキャンペーンを目にした人も多いと思います。 それらの保険相談で謝礼がもらえるキャンペーンについて、元保険会 …

no image

保険相談で商品券がもらえるキャンペーンに申し込んだけど、FPに面談してもらえなかった人は保険見直しラボのキャンペーンなら大丈夫

現在では金融庁の指導で禁止されてしまった、保険相談をしたらもれなく商品券5000円分とか、Tポイント6000ポイントなどのキャンペーンに申し込んだけれど、ファイナンシャルプランナー(FP)に保険相談を …

北海道・東北エリア
[ 北海道 青森岩手宮城 秋田山形福島 ]

北陸・甲信越エリア
[ 富山石川福井新潟 長野山梨 ]

関東エリア
[ 東京 神奈川埼玉千葉 栃木群馬茨城 ]

東海エリア
[ 愛知岐阜静岡三重 ]

近畿エリア
[ 大阪兵庫奈良京都滋賀和歌山 ]

中国エリア
[ 広島鳥取島根岡山山口 ]

四国エリア
[ 徳島香川愛媛高知 ]

九州・沖縄エリア
[ 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄 ]