★★★ 人気の記事 ★★★
☞ 無料保険相談ランキング
☞ 無料保険相談で商品券やプレゼント

保険ショップQ&A

保険ショップの相談は無料なの?
保険の相談や見直しを保険ショップでは無料で受けることができます。
駅の側やショッピングセンター内などに店舗が出ていることが多いので、店舗を目にしている方も多いのではないでしょうか?
保険の相談をしてみようと思いつつも、本当に無料だろうか?と感じて、相談するのをためらってはいませんか?
相談したら、その場で契約しないといけないのでは?
その場で契約しなかったら、その後にしつこい勧誘電話がかかってくるのでは?
契約後、契約手続き料金や更新料を請求されるのでは?
などの様々な不安を解消するために、保険ショップで、保険見直しの相談が無料で受けられるのかを解説したいと思います。
保険ショップは保険会社から手数料を受け取って成り立っているのです。
しかし、保険ショップのファイナンシャルプランナーは、保険会社の社員ではありません。
保険ショップは保険契約成立時に保険会社から手数料を受け取ることができますので、それが収入源です。
保険ショップにとって、最も大事なことは、顧客から得る信用度や顧客との信頼関係です。
もし、無理な売り込みをすれば、顧客本人の信用も失いますし、顧客からのクレームで、保険会社から提携を中止されることもあります。
逆に、信頼度が高まれば、今後も保険に加入してもらえるので、親身になって相談に乗ってくれるのです。
また、特定の保険会社の社員ではないので、いろいろな会社の保険商品の中から、最も良いと思われるプランを提案してくれます。
いくつかの保険会社で契約することになっても、わずらわしい手続きをすべて引き受けてくれます。
そして、良い結果を出して、顧客から顧客へと良い評判が広まり、信用度が上がることが、彼らの仕事の充実へと繋がるのです。
その為、無料であっても、しつこい勧誘や、特定保険会社への契約などの不安はなく、安心して受けることができるわけです。

以下保険ショップ大手のHPより抜粋しておきます。

ほけんの窓口
当社は総合保険代理店です。保険代理店は保険会社からの契約手数料を収益としています。 コンサルティングの結果、保険契約まで当社にお任せいただく方が多いため、相談料はいただいておりません。まずは費用のかからない無料相談で、保険の悩みをお聞かせください。
みつばち保険ファーム
お客様にお気軽にご相談いただけるよう、無料とさせていただいております。
保険見直し本舗
保険会社からの販売代理手数料で運営されています。 保険見直し本舗は、提携している保険会社からの、販売代理手数料で運営されています。そのため、お客様は無料で保険見直し本舗の各種サービスをご利用いただくことができるのです。

保険ショップは予約した方がいいの?
保険ショップで相談される場合はできるだけ予約訪問した方がいいでしょう。
人気の保険ショップでは相談で予約が一杯の時もあります。
突然訪問した場合、予約がいっぱいだと相談できないこともあります。
予約してから店舗に行ったほうが、待たされることもありませんし、スムーズに保険の見直し相談ができます。
保険ショップで相談を予約する方法は、電話、または保険ショップのサイトからする方法があります。

保険ショップの相談員はみんなFPなの?
保険ショップにより、保険アドバイザー、保険相談員など、いろいろな名称で表していますので、全員がファイナンシャルプランナーというわけではありません。
ファイナンシャルプランナーの資格には、1級から3級まであり、級により応じられる相談内容が変わります。
資産相談業務:1級
資産設計提案業務:1級、2級、3級
個人資産相談業務:2級、3級
中小事業主資産相談業務:2級
生保顧客資産相談業務:2級
損保顧客資産相談業務:2級
保険顧客資産相談業務:3級
となっています。
ファイナンシャルプランナーは保険だけではなく、不動産、相続、資産運用、税金をすべて含めた知識で、
人生設計に必要な金融知識をアドバイスしてくれるアドバイザーです。
企業系ファイナンシャルプランナーは、特定の保険会社に所属して自社の商品を売る為に仕事をします。
けれども、保険ショップにいるファイナルプランナーは独立系ファイナンシャルプランナーで、
特定の保険会社に属さないで、複数の保険会社の中から最適な保険を選んでくれます。

保険ショップは何社から選べるの?
保険ショップでは、損害保険、がん保険、生命保険、医療保険、学資保険など、
たくさんの保険商品の中から、比較・検討ができるよう、数十社の保険会社と提携しているところが多いです。
その中で、何社かの保険商品を組み合わせて契約することもできます。

主な契約先保険会社
生命保険 )アイエヌジー生命、アクサ生命、アフラック、NKSJひまわり生命、オリックス生命、ジブラルタ生命、住友生命、ソニー生命、損保ジャパンDIY生命、太陽生命、チューリッヒ生命、• 東京海上日動あんしん生命、東京海上日動フィナンシャル生命、日本生命、ネクスティア生命、ピーシーエー生命、フコクしんらい、フコク生命、富士生命、マスミューチュアル生命、マニュライフ生命、三井住友海上あいおい生命、みどり生命、明治安田生命、メットライフ アリコ、メディケア生命

損害保険 )あいおいニッセイ同和損保、アイペット損保、朝日火災、アニコム損保、アメリカンホーム保険会社、エイチ・エス損保、AIU保険会社、エース保険、SBI損保、セコム損害保険、セゾン自動車火災、ソニー損保、損保ジャパン、そんぽ24、チューリッヒ保険会社、東京海上日動、日本興亜損保、三井住友海上

少額短期保険 )アイアル少額短期保険 、日本アニマル倶楽部、プレミア少額短期保険、ブロードマインド少額短期保険、メモリード・ライフ

また、提携保険会社数が多いから、良いショップであるとは限りません。
保険会社の数だけにこだわらず、ファイナンシャルプランナーの質や人数、立地条件なども視野に入れて考えてください。

なぜ相談だけなのに保険証券が必要なの?
保険の相談、見直しで大切なことは、現在加入している保険が今後の人生設計において、有益であるかどうかを確認することです。
保険証券は、保険に馴染みのない人には非常に難解で、自分で見てもよくわからない部分が多く、
実際の内容を完璧に理解していない人も多いと思います。
保険の見直しや相談で保険証券を持っていくのは、まず、専門家に見てもらい、内容を正確に把握してもらうためです。
保険に関するプロであるファイナンシャルプランナーの専門的な視点で、加入証券の内容から見直しのポイントを見つけてもらうのです
ファイナンシャルプランナーといっしょに内容を確認し、不明な点があったら、その場で気軽に質問し、不安や疑問を解消してください。
保険証券の確認後、家族構成 ご夫婦の年齢など現在の状況と、将来への展望を伝えます。
現在の家族の状況、将来へ不安と、現在の保険の内容を照らし合わせた結果、何が不足しているのか、何を過分に払い過ぎているかなど、見直しのポイントを見つけてもらうためには、現在の保険証券があったほうが、検討がしやすいのです。
保険加入時から何年も経っている場合は、現在、家族の状況も変わり、もう子供の教育資金は必要ないが、結婚資金が必要であるとか、成人病やがんに備えて特約を付けておきたいとか、老後の生活の為の保険も考えておきたいなど、保険に求めるものが変わってきていることと思います。
それらのことを比較検討する為に保険証券が必要なのです。

相談したあとで提案プランを変更してもいい?
保険ショップでの保険の相談は、何回でも受けることができますし、その都度ライフプランを変更しても構いません。
保険は高価な買い物なので、慎重に検討してください。
家族での話し合いや、他の資料を検討した結果、ライフプランを変える可能性は当然あります。
マンションより一戸建てにしたいとか、子供を私立に行かせたいとか、老後の安定にもっと重点を置こうなど、
家族で話し合ううちに、いろいろな問題が出てくると思います。
提案してもらったのに、変更を申し出るのは気が引けるなどとは考えずに、
保険アドバイザーにその旨を伝えてください。
保険アドバイザーは常に最適な提案を行いたいので、ライフプランが変われば、勧める保険商品にも変更があるかもしれません。
今後どのような人生設計を望んでいるのか、そしてそれが十分にカバーされ、自分たちの人生設計を助けてくれるのかと納得できるまで相談しましょう。
そして、それと同時にその後、ライフステージに応じて、再度保険の見直しをすることも大切です。

保険相談に行ったら、申し込まないといけないの?
保険は長期間にわたってかなりの金額を払い続ける住宅の次に高いとも言われる高価な買い物です。
保険ショップで保険相談をしたからと言って、その場で提案されたプランを鵜呑みにする必要はありません。
資料がもらえますので、その場の流れで契約せずに、いったん家に持ち帰り、家族でよく検討することが賢明です。
家族での話し合いの中で、家族それぞれが、今後どのような人生設計を望んでいるのかが明確になってきます。
また、提案された保険のプランについての資料を良く調べ、納得できる内容であるか、十分に検討することも必要です。
検討して出た疑問点は、次回の見直し相談の時に聞いてみましょう。
一生のことなので、ためらう必要はありませんし、相手も責任を持って答えてくれます。
納得できなければ、何度でも相談に行ったり他の保険ショップでも相談したりして、良いプランを探しだすことが重要です。
ファイナンシャルプランナーにとっても、良い結果をだすことが信用度をあげることになるので、何度通っても、その都度、丁寧に相談に乗ってくれるはずです。

保険ショップで加入を強制されることはないの?
保険ショップと保険レディの違いは、しつこく勧誘しないというところにあります。
加入の強制もありませんし、相談後、勧誘の電話がたびたびかかることもありません。
保険の相談に応じる保険の専門家ファイナンシャルプランナーは、保険会社の社員ではありません。
保険アドバイザーの多くがファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格を持った、アドバイザーです。
保険ショップは保険契約成立時に保険会社から手数料を受け取ることができますので、それが収入源です。
もちろん、1回の相談で契約がまとまれば、それだけで保険会社から手数料の一部を受け取ることができますから、その方が収入には直結します。
しかし、保険ショップにとって、最も大事なことは、顧客から得る信用度、顧客との信頼関係です。
もしも、保険の加入を強制すれば、顧客本人の信用も失いますし、顧客からのクレームで、提携している保険会社から提携を中止されることもあります。
反対に、信頼度が高まれば、自分を通して保険に加入してもらえますし、評判があがり、新たな顧客の呼び込みをすることができます。
保険ショップにとって、保険の加入を強制することは、仕事上で保険ショップのブランドの信用を落とすことになりますので、まずそのような心配はありません。
もしそのようなことがあった場合は、迷わずその保険ショップにクレームを入れることをお勧めします。
強制された保険に加入する必要はありません。

保険ショップに子供と一緒に行ってもいいの?
保険ショップでの相談の際、子連れで行ってもいいのか気になる人も多いと思います。
お子さんがいらっしゃる場合の保険見直し相談に、対応している店舗のサービスについて詳しく説明します。
赤ちゃんがいて外出できない方には、訪問相談をしてくれる店舗もあります。
ファイナンシャルプランナーが自宅や、近所の喫茶店などまで、訪問してもらうことができます。
訪問相談も無料です。保険ショップとは言えそのほどんどが訪問説明に対応しています。
また、大きい店舗ではキッズスペースなどがあり、子供の面倒を見てくれる店舗もあります。
ショッピングセンター内にある保険ショップの店舗にはほとんどキッズルームが併設されています。
更には保育スタッフが常駐している年齢別キッズプレイスペースもありますので訪問の前に問い合わせて見て下さい。

FP無料派遣サービスも保険ショップ同様活用してください。相談はもちろん何度でも無料です。

保険のビュッフェ

現在、一番評判の良い無料保険相談サービスです。
登録しているファイナンシャルプランナーはベテランが多く、非常にスキルが高いのでいろいろな観点から保険の見直しをしてくれるので保険料の削減に成功している人が多数です。
すべてフリーのファイナンシャル・プランナーですので、ノルマがなく強引な勧誘がない点も人気です。
まずはこちらから相談してみるのをおススメします。
現在、テレビCM放映中です!

投稿日:

執筆者:

北海道・東北エリア
[ 北海道 青森岩手宮城 秋田山形福島 ]

北陸・甲信越エリア
[ 富山石川福井新潟 長野山梨 ]

関東エリア
[ 東京 神奈川埼玉千葉 栃木群馬茨城 ]

東海エリア
[ 愛知岐阜静岡三重 ]

近畿エリア
[ 大阪兵庫奈良京都滋賀和歌山 ]

中国エリア
[ 広島鳥取島根岡山山口 ]

四国エリア
[ 徳島香川愛媛高知 ]

九州・沖縄エリア
[ 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄 ]