★★★ 人気の記事 ★★★
☞ 無料保険相談ランキング
☞ 無料保険相談で商品券やプレゼント

保険ショップ一覧

保険ショップ比較.comは情報量ナンバーワン!掲載保険ショップ数1500店以上!です

北海道・東北エリアの保険ショップ一覧
[ 北海道 青森岩手宮城 秋田山形福島 ]
北陸・甲信越エリアの保険ショップ一覧
[ 富山石川福井新潟 長野山梨 ]
関東エリアの保険ショップ一覧
[ 東京 神奈川埼玉千葉 栃木群馬茨城 ]
東海エリアの保険ショップ一覧
[ 愛知岐阜静岡三重 ]
近畿エリアの保険ショップ一覧
[ 大阪兵庫奈良京都滋賀和歌山 ]
中国エリアの保険ショップ一覧
[ 広島鳥取島根岡山山口 ]
四国エリアの保険ショップ一覧
[ 徳島香川愛媛高知 ]
九州・沖縄エリアの保険ショップ一覧
[ 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄 ]

保険ショップとは

保険ショップは保険の相談や見直しや保険の比較検討ができるお店です。

保険ショップは数年前まではほとんど見られなかった形態でしたが、
近年、駅前やショップピングセンター・商店街・オフィスビルの一画など様々なところで、
様々な保険を扱う保険ショップを見かけるようになりました。

かつて生命保険は保険の営業のセールスディが自分の自宅や自分の会社にやってきて契約するもので、
自分から出向いて相談して契約するなどということはほとんどあり得ませんでした。
故に保険業界では保険ショップのことを「来店型保険ショップ」と呼びます。
そもそも、保険業界ではお客様が「契約に来店する」「相談に来店する」などはあり得なかったし、
あった場合はモラルリスクが高かったので、その驚きとして「来店型」と呼ばれるようになりました。

また、保険ショップは取り扱う保険商品が1つではなく、さまざまな保険会社の商品を扱っている為、
いろいろな会社の商品を簡単に比較検討できる為、消費者にとっては非常にありがたい存在です。

現在、保険ショップはそのほとんどが無料相談を行っていますので興味があればお気軽に利用してみて下さい。

保険ショップの活用方法

保険ショップはそのほとんどで保険の無料相談をやっています。
しかも何度相談しても無料ですので利用しないともったいない!
しかし、いきなり行っても効率が悪いのでちょっとした準備をしておきましょう。

保険ショップに行く前にまずは現在の状況を把握しましょう。
現在、どれだけの保険に加入しているか、貯蓄はいくらあるのか、会社で加入している企業保険はあるのかなど。
保険証券があるならば出来れば持参するか、内容を把握しておいて下さい。
また会社等で契約している企業団体保険や企業グループ保険についても資料を持参すると良いでしょう。

基本的に昔に加入した貯蓄性のある年金、養老保険、終身保険や学資保険などは解約しないほうが得の場合が多いのでしっかりと相談しましょう。

昔に加入したガン保険なども現在は随分と違うものになっていますので、新しいものに切り替えたほうがいいのかなど、
どちらが現在の自分に適しているかは個別に判断する必要があります。

現在の加入保険を見直し、それによって生じる保障の過不足を検討し、必要な部分は残し、適切でない部分は解約し、それで不足な部分は新契約で追加していきます。

ネットで調べる方法もありますが、数か月ごとに各保険会社から新しい保険商品が発売される現在、個人ではなかなかアップデートが難しいため、
無料で相談できるお近くの保険ショップで相談されるほうが効率的なのです。

また、できればいくつかの保険ショップで相談して比較してみると本当に自分に適した保険設計ができると思います。

他の無料保険相談は

無料の保険相談は保険ショップなどの店舗型とFP(ファイナンシャルプランナー)が自宅や会社の近くまで来てくれる派遣型の二つに大きく分けることができます。

最近ではリーズ会社のサービスで派遣型と言われるサービスがとても増えてきています。

これは保険ショップの相談員よりも一般的にスキルが高いと言われれているFP(ファイナンシャルプランナー)が相談に乗ってくれるということの他に、保険相談をすれば様々なプレゼント特典が用意されていることもあるようです。

保険相談とその後のアンケート回答でもらえるプレゼント特典はA5ランクの黒毛和牛や高級フルーツや有名ブランド米などの多種多様な中から選ぶことが可能ですので、お気軽に保険相談するのもいいかもしれません。

人気のプレゼント特典のキャンペーンは下記の2社となります。

家族全員分の黒毛和牛がプレゼントされる保険マンモスは業界老舗で最大手なので安心

もらえる特典の商品が一番豪華で特にオススメなのが保険マンモスです。

業界老舗で登録しているファイナンシャルプランナーの数が一番ですので、過去の累計の面談数がナンバーワンとなっています。

また、現在、保険相談でもらえるプレゼント特典の商品の金額が実質一番高いのが保険マンモスの謝礼です。

現在、行われている特典キャンペーンは家族全員分のA5ランクの黒毛和牛がプレゼントされますので、お子さんが多い方などにはこちらが一番お得感はあると思います。

優秀なファイナンシャルプランナーに保険相談をしてもらって、家計の見直しをしてA5ランクの黒毛和牛ももらえるなんて羨ましい限りですね。

保険マンモス

FPの全員が20社以上の保険会社の取り扱いがある保険見直しラボは大手保険代理店なので選り好みなくすぐに面談が決まる

保険見直しラボは保険のビュッフェや保険マンモスと違って、リーズ会社ではなく、運営母体が保険代理店ですので、待たされることなく、登録FPがすぐに面談をしてくれます。

また、面談でもらえる商品も超希少米である新潟県産新之助やぐるナイで紹介されたこともある雪室熟成豚やダロワイユのマカロンなどから好きな物を選ぶことが可能ですので、高級品が欲しい方はこちらもいいかもしれませんね。

また、こちらは20社以上の保険会社の保険をすべてのFPが扱うことができるので幅広い選択肢の中から保険設計が出来る点が非常に評価の高い口コミに繋がっているようです。

ちなみに一般的なFPは5社程度の保険会社と契約していて、その中から保険を選んで保険設計をしています。

圧倒的な保険の中から最適な保険設計が一番期待できます。

また、全国対応となっていますので都心部以外の方でも安心して相談が可能です。

保険ショップの派遣版と考えると一番わかりやすいかもしれません。

保険ショップと違って、保険の相談で特典・プレゼントがもらえるキャンペーンがある分、こちらの方がいいと思います。

急いで相談したい人や、高級品の特典・プレゼントが欲しい人はこちらがオススメとなります。

アンケート&保険相談でお好きな商品1つプレゼント♪

保険ショップの無料相談がオススメな理由

1:無料で気軽に相談できる
保険ショップはショッピングモール内やターミナル駅の近くなど、利便性の高い場所に多くあり、そのほとんどが保険相談が無料です。
また、ほとんどの保険ショップが週末や祝日でも営業しているので、気軽に保険相談することができます。

2:複数の保険からいいとこ取りできる
保険ショップでは数社から数十社の複数の保険会社の保険から様々な保険を比較して選ぶことができます。
同じ保障内容で各社の保険料を一覧比較することも可能です。

3:様々な保険を比較検討して選べる
保険ショップには保険情報システムがあり、これにより、提案された保険の分析や、生涯設計、商品の比較・見積り、がおこなえます。
また、システムにより視覚化された資料で直感的に保険がわかります。

4:保険ショップ相談員は保険を押し売りしない
保険ショップでの無料保険相談は、主に保険についてのコンサルティングであり、それを踏まえたうえで保険の提案がおこなわれます。
また、相談員のノルマは保険契約ではなく、来店相談者数であるところが多いようです。
それ故、保険ショップで相談員から保険の売り込みを感じることはほとんどありません。

5:充実したアフターサービス
保険ショップではそこで保険契約した場合、基本的に相談員ではなくその店舗が担当となります。
したがって、加入後のアフターサービスは、相談員が辞めていてもショップに連絡すればスムーズに行うことができます。

大手来店型保険ショップ比較一覧

保険見直し本舗

・ 運営企業: 株) 保険見直し本舗
・ 取扱保険会社: 40社以上・ 店舗数: 200店舗以上
・ 設立:2001年12月
店舗数ナンバー第二位の保険見直し本舗の特徴は取扱い保険会社が40社以上と来店型保険ショップで一番多い点と保険相談員の約9割が女性ということでしょう。
女性の保険相談では女性にしかわからないような疾患に対しての保障も多いので、実際には女性の相談員の方が親身になって真剣に相談に乗ってもらうことが可能です。
また、Million Dollar Round Table (MDRT) という、世界67の国と地域の500社以上で活躍する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家の国際的な組織の会員が数多く在籍していることでも評判です。
MDRT会員は卓越した保険商品知識を併せ持ち、非常に厳しい倫理基準を満たして、優れたサービスを顧客に提供していますのでMDRT会員への相談を希望される場合はお問い合わせしてみるといいでしょう。

保険クリニック
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談
・ 運営企業: 株) アイリックコーポレーション
・ 取扱保険会社: 約35社
・ 店舗数: 163店舗
・ 設立:
保険クリニックの特徴はIQシステムという保険相談員の主観の入らない、保険比較システムによる保険提案が出来ることです。
これによりシステムで中立公平な立場から提案してもらい、その上で保険コンサルタントとともに自分の保険を比較検討していける点が最大のメリットであるでしょう。
また、保険クリニックは日本で初めての保険相談窓口として長年来店型保険ショップを運営してきた実績もありますのでその点からも評判の良い保険ショップとして知られています。
保障内容や保険料などを数字で比較して保険比較をしたい人には最適の保険見直しができる保険ショップでしょう。

保険市場

・ 運営企業:株)アドバンスクリエイト
・ 取扱保険会社: 56社
・ 直営店舗数: 13店舗
・ 設立:
保険ショップで唯一東証一部に上場している企業ですのでコンプライアンス等安心して保険相談ができます。
相談スペースも保険ショップの中で一番豪華で、落ち着いた空間でゆったりと相談が可能です。
厳選されたベテランの相談員が揃っていますので、しっかりとした保険相談が可能です。
相談員の質が一番安定している店舗型の保険相談窓口と言えるでしょう。

ほけんの窓口
・ 運営企業: ほけんの窓口グループ株式会社
・ 取扱保険会社: 約35社
・ 店舗数: 500店舗以上
・ 設立: 1995年4月
日本全国の各都道府県に複数店舗を構えていますので、転勤が多い方や、今後引っ越しを予定しているご家族でも安心して継続的に相談を受けることが可能です。
また、保険相談実績も累計100万件を超えており、保険相談件数はナンバーワンで保険相談窓口の中では圧倒的な相談数です。
取扱い保険会社も約35社ありますので、各保険会社を比較して自分にピッタリの保険を見つけることができるでしょう。
ソニー生命やメットライフ生命の保険知識に詳しい保険相談員が数多くいますので、これらの保険について詳しく説明を聞きたい方は相談してみて下さい。
店舗で直接相談するほかに自宅まで訪問してもらい保険相談をしてもらうことも可能な来店型保険ショップです。
日本で一番店舗数の多い保険ショップで各都道府県に店舗がありますので転勤が多い人などには最適な保険相談窓口となっています。
取扱保険会社(生命保険会社26社・損害保険会社16社・通信販売取扱保険会社3社)
【生命保険】26社
アクサ生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
アリアンツ生命保険株式会社 ( 当社でご加入いただいたご契約に対する各種お手続きのみ取扱っております )
AIG富士生命保険株式会社
SBI生命保険株式会社 ( 当社でご加入いただいたご契約に対する各種お手続きのみ取扱っております )
エヌエヌ生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
住友生命保険相互会社
ソニー生命保険株式会社
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
チューリッヒ生命
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
日本生命保険相互会社
ネオファースト生命保険株式会社
マスミューチュアル生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
三井生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
メットライフ生命保険株式会社
メディケア生命保険株式会社
ライフネット生命保険株式会社
【損害保険】16社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
アクサ損害保険株式会社
朝日火災海上保険株式会社
アメリカンホーム医療・損害保険株式会社 (ご加入いただいたご契約に対する各種お手続きのみ取扱っております )
au損害保険株式会社
AIU損害保険株式会社
ジェイアイ傷害火災保険株式会社
セコム損害保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
そんぽ24損害保険株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
日立キャピタル損害保険株式会社
富士火災海上保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
三井ダイレクト損害保険株式会社
【通信販売取扱保険会社】3社
アクサダイレクト生命保険株式会社
エイチ・エス損害保険株式会社
日新火災海上保険株式会社

みつばちほけん
・ 運営企業: みつばち保険グループ株式会社
・ 取扱保険会社: 約34社
・ 店舗数: 200店舗以上
・ 設立: 2001年12月
中堅の来店型保険ショップで約30社の保険会社の商品から保険の比較が可能です。
首都圏を中心に全国に保険ショップを展開しています。
かつて、檀蜜でのテレビCMでもおなじみの店舗で知名度はあるでしょう。
SBIグループが筆頭株主の為、店舗によってはSBIマネープラザとして金融商品全般の相談ができる店舗もありますので総合的な相談も可能です。
最近はみつばちほけんブランドではなくほけん選科としてもブランド展開しているようです。
ちなみにほけん選科の社長、今野有加氏はほけんの窓口創設者の今野則夫氏の妻です。
かつて現在のほけんの窓口が、みんなの保険プラザ、ほけんの専門店、ほけんの窓口の3ブランドで店舗展開をしていたのと同様に複数のブランド展開をしてひとつのブランドに集約させていくのか、そのまま複数のブランドで展開していくのか今後に注目ですね。

ほけん百花
・ 運営企業:いずみライフデザイナーズ株式会社
・ 取扱保険会社: 約23社
・ 店舗数: 約70店舗
・ 設立: 1983年1月(前身の保険代理店)
店舗型の保険無料相談サービスです。駅の最寄りやショッピングセンターにあるので、お買い物や通勤の途中でお寄りいただけます。
土日祝日も営業しています。
相談や試算は何度でも無料ですし、加入中の保険内容の分析も無料なので不安を取り除けます。
お店は奇麗ですし、スタッフは殆どが女性ですから、女性お一人でも入りやすいです。
約20社 100商品の中から比べて選ぶ事ができます。
地元密着の店舗型であることに加え、保険専門スタッフによる対面サービスですので親身になって保険を考えます。
だから、特定の保険会社に依存するご提案はしません。
キッズスペースがあるからお子様と一緒でも安心です。
店舗内でご契約や更新の手続きも可能です。

最近では来店型保険ショップと呼ばれる、保険の見直し相談所のような場所が増えてきていて、一体何なんだろう?と思っている人も多いと思います。
そもそも保険というものは自分から加入するものではなく、必要性を生保レデイーが営業してきてしょうがなく入るというようなものでしたが、現在ではインターネットの発達とともに自分でいろいろな保険の情報を比較検討することも可能となり、効率良く、いろいろな保険会社の保険を比べた上で、保険のいいとこどりをしようという人が増えてきて保険の加入スタイルも変わってきたということです。
そんななか、店舗内で30社とか、多いところでは50社以上の保険会社から保険を気軽に比較することが可能な来店型保険ショップは新たな保険チャネルとして人気が出てきています。
業界トップのほけんの窓口はテレビCMを毎日放送しているので知っている方も多いと思います。
また、これらの来店型保険ショップはいくら保険の相談や保険の見直しをしても無料ということで、どうして無料なのかと心配する人も多いでしょうが、保険の比較をした人の中の一定数は納得して新たに保険に加入するので相談無料で運営をしても問題がないとのことです。
各保険ショップで相談してみるとわかりますが、それぞれのショップで提案してくれる内容に違いがありますので、できれば2社以上の保険ショップで相談をして自分が納得できる内容の保証内容を探し出してもらえればと思います。
来店型保険ショップでは生命保険だけでなく、損害保険やペット保険の取り扱いもありますので、どのような保障に関しても対処してもらえることが出来るでしょう。
なんといっても自分が保険の相談をしたい時に気軽に店舗に行くだけで無料で相談できるという点でとても利用価値があるでしょう。
また、店舗数の多い保険ショップならば転勤の多い人も加入後もしっかりと店舗としてフォローしてもらえるので安心です。

保険見直しや保険相談は相談無料のお近くの保険ショップへ(生命保険・がん保険・医療保険・損害保険・火災保険・地震保険自動車保険・学資保険・海外旅行保険・介護保険・損害保険・ペット保険などの保険比較や現在の保険の見直しも可能です。)

都道府県別ページより、お近くの保険ショップやファイナンシャルプランナーを検索してみて下さい。
ぴったりの保険ショップやファイナンシャルプランナーが見つかるはずです。
保険ショップの無料保険相談で保険の見直しをして必要以上な保険料を節約しましょう。

どうして保険相談を無料でしてくれるの?

保険ショップやFP(ファイナンシャルプランナー)無料派遣サービスはどうして、無料で相談してくれるのか不思議に思う方も多いと思いますが、これらのサービスは基本的に保険契約をした際に保険会社から支払われる手数料から成り立っています。

そもそも、保険契約を締結させることは一般には非常に難しく、見込み客を探す作業がとても大変で手間のかかる仕事となっています。

したがって、これらの非常に難易度の高い作業がFP(ファイナンシャルプランナー)による無料険相談で省くことができるなら仕事の効率を考えればとても理にかなっています。

確かに保険相談や保険の見直しをしても実際に契約まで至るケースはそれ程多くありません。

しかし、1から見込み客を探して、面談の申し込みをしてと経費を使うことを考えれば、それらの経費を節約できることを考慮すれば無料相談は経費としてはとても安いコストとなりえるのです。

したがって、これらのサービスはすべて無料で行うことが可能なのです。

また、商品プレゼントなどの特典を出してでも、見込み客開拓のコスト分は見合うものと成り得るものなのです。

故に、無料だからと遠慮することなく、積極的に利用していただければと思います。